CONCEPT

住まいとは、住む人の心や生き方に深い影響を与えるものだと思います

リフォームの仕事にたずさわって、いつも思うことがひとつあります。

「建物が古くなったから新しくしたい」
「設備が壊れたから取り替えい」
「家族が増えたから増築したい」
「設備が壊れたから取り替えたい」…

こんなことがきっかけでリフォームを考えられる方が、とても、多い。
でも正確には、これらはあくまできっかけではないか。
その背景にあるのは、日常の「くらし」の変化や、住む人の「こころ」の変化ではないか。
それらの変化によって建物や設備の位置づけ・あり方が変わったから、
リフォームを考えたいと思ったのではないか。

常々、そう思っております。そして実際、多くの場合、それが真実であることを確信します。
リフォームを進めるにあたっては通常、経済的にも精神的にも、
お客様は大きなエネルギーを費やすことになります。
それだけのエネルギーを費やすからには、当然大きな「喜び」「満足」を得るべき。

しかしそのためには、表面的な建物や設備のことのみならず、
生活の根底で何が起こっているのかをしっかり押さえて、
さまざまな角度から「くらし」や「こころ」を考え直すことが必要―そのように思っています。

私たちは、女性の建築士として、「くらし」や「こころ」を見つめ、その根本の問題解決まで考える。
そのお手伝いができれば、幸いです。

「やさしいため息がこぼれる住まい」の実現は住む人みんなと設計テーマを共有することです

私たちは設計を始めるにあたって、
「その住まいでどんな暮らしをしたいのか」を、住む人と充分に話し合います。
「心地よい住まいづくり」には、住む人の生活や生き方、夢を理解することが、
大きなテーマになるからです。

どのようなスタイルで、暮らしたいのか。
どのようなものと一緒に、過ごしたいのか。
どのようにうつりゆく時を、楽しみたいのか。

これらを住む人・創る人みんなが共有することが、リフォームを成功させる鍵。そう考えます。
仕上がりを見て、優しいため息がこぼれる住まいの実現。
これを支えるのは、住む人の「くらし」「こころ」を理解した目配り・心配りを、
創る人が持つことではないか。
「くらし」「こころ」を理解した、行き届いた設計が、理想のリフォームを支えると考えております。

「予算」についてきちんと話せなければ「心地よい住まい」についても話せません

設計にあたって大切なのが、「予算」です。
限られた「予算」の中で、住む人に満足いただける設計を行う。
限られた「予算」の中で「喜び」を得うる、
素材選び・リフォーム範囲の選択・優先順位の整理などの提案を行っていくのが、
私たちの仕事です。

「予算」にとらわれて「妥協」のリフォームを行うことは、私たちの考えるスタイルではありません。
それがどんなに小さなリフォームでも、
「妥協」によるものは決して満足を得られないことを知っているからです。
「予算」についてもきちんと話す。
そうでなければ、「心地よい住まい」についても話せません。

お客様の住まいが、私たちの「作品」です

釘をたたく大工さんはプロの職人です。
彼らの存在は、とても重要。

イメージやデザインを実現できるかどうかは、施行する職人さんの腕次第。
私たち設計者が本当の意味で「心地よい住まいづくり」を目指すとき、
職人さんの施行技術はとても重要になります。
その上で、彼らがどんなにプロフェッショナルでも、
住む人の気持ちが伝わらなければ「心地よい住まいづくり」はできません。

デザイン・使い勝手・用途。
これらについての、密接なコミュニケーションが、「住まいづくり」には不可欠。
住む人の「くらし」「こころ」を理解してできた設計を、我々は直接、施工する職人さんに伝えます。
そして彼らと一緒に、それをカタチにしていきます。
お客様の住まいは、我々にとってもとても重要な「作品」。
彼らと共に、誇りを持って、住まいづくりを行っていきます。

いつまでも皆様のホームドクターでありたい

たとえば和風の木造住宅。
百年以上経ても生き続けているものが数多くあります。
しかしもちろん、昔の姿そのままに残っているわけではない。
大切に見直され、リフォームを繰り返して、それによって生き続けているのです。
 
一度作りあげた「心地よい住まい」も、
月日と共に人の「くらし」や「こころ」が移りかわる中、そのあり方も変わっていくべき。
「人」に「かかりつけの医者」が必要なように、
「家」にもそのあり方を見続ける・相談にのり続ける「かかりつけの専門家」が必要です。
 
私たちは、いつまでも皆様のホームドクターであらんことを願っております。
一度のリフォームにとどまらず、どんな些細なことでも。
いつでも、ご相談ください。

ページの先頭に戻る

COPYRIGHT © 2009-2017 jiansouken.inc ALL RIGHTS RESERVED.